官能評価・消費者試験サービス @ 欧州

欧州の消費者をターゲットにした商品開発に!

食品・飲料、美容・パーソナルケア製品、日用品などの自社製品が、ヨー ロッパの消費者に受け入れられるのか・・・ そんな疑問をお持ちではありませんか? 同じ製品であっても、その香りや味、食感、外観、肌感 、使用感等について、日本とは歴史や文化、風土が異なる欧州の消費者は、日本人と全く異なる反応を示すかもしれません。 アルファ・モス・ジャパンでは、フランスのディジョンを拠点にした、官能評価・消費者試験のプロフェッショナル、SensoStat 社と提携し、国内のお客様に、 フランスをメインに欧州での官能評価・消費者試験サービスをご提供致します。


1. 官能評価試験

識別・類似性試験

  • レシピ、製造プロセス、原料調達先の変更等による2つのプロトタイプ間の官能的違いの有無の確認
  • 経時変化の研究による消費期限の確立
  • ターゲットに対する製品の比較

記述分析型試験

  • 製品のポジショニングや競合品との差の定量化
  • 経時に伴う官能的品質の変化の把握
  • 製品の官能特性に関する仕様の確立

その他の官能評価試験

上記以外にも、グループ分類、TDS 試験なども可能です。お問い合わせ下さい。

2. 消費者試験

フォーカスグループ

  • 製品のポテンシャルの確認
  • 製品の長所・短所の明確化
  • 市場における製品のポジショニング(ベンチマーク)
  • ターゲット市場での製品適合性の確認。

消費者試験 / マーケティング

  • 製品の全体的な評価や特定の属性(外観、におい、食感、味など)の定量化
  • 製品の強みと弱みの確認
  • 市場における製品のポジショニング(ベンチマーク)
  • ターゲットとする消費者グループ(年齢、性別など)の同定
  • レシピ、製造プロセス、原料等の変更による消費者の官能的知覚に及ぼす影響の特定
  • 市場導入前のプロトタイプの最適化
  • パッケージの影響や製品受容度の評価

各サービスは、ご要望に応じてアレンジ致しますので、ご相談ください。官能評価試験は、フランスのディジョンで行われます。消費者試験は、フランスがメインですが、ご要望に応じてベルギー、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインでも行うことが可能です。詳細はお問い合わせ下さい。


ページのトップへ戻る