官能分析に関する論文・学会発表など


学会・ポスター発表

年度 学会名 タイトル 著者所属(敬称略)
2017 ISOEN 2017(17th International Symposium on Olfaction and Electronic Noses) Sensory Characterization of Oils Extracted from Lacto-Fermented Olives Using an Electronic Nose 小豆島ヘルシーランド株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2017 ISOEN 2017 Assessing Production of Medicinal Liqueur Using an Electronic Nose 小豆島ヘルシーランド株式会社
2017 日本食品化学学会 第23回総会・学術大会 におい嗅ぎ分析をベースとした電子覚シテムよるコーヒーの産地識別 東京アライドコーヒーロースターズ株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2017 第8回 北見工業大学・江原大学校・東京農業大学 ジョイントシンポジウム 日本産のモモにおける視覚・嗅覚および味覚官能評価センサーを用いた比較・解析 東京農業大学
2016 第30回日本エイズ学会学術集会・総会 テノホビルを含む抗HIV薬のマスキングについての検討 東京医科大学病院薬剤部
2016  一般社団法人日本官能評価学会 2016年度大会 におい嗅ぎGC(GC-O)と電子嗅覚システム(E-Nose)の結び付けによるコーヒーの産地識別 東京アライドコーヒーロースターズ株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2016 第60回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 TEAC網走2016 スパイス香気成分が緑茶カテキンの苦味刺激に及ぼす抑制作用 東京農業大学
2016 日本食品科学工学会 第63回大会 病果オリーヴオイルの特性解析 小豆島ヘルシーランド株式会社, オリーヴ健康科学研究所, オリーヴの森創生組合
2016 日本食品科学工学会 第63回大会 仙台市産エダマメの栄養成分・食味要因の品種・産地間差異 宮城大学, 地域創生ビジョン研究所, 仙台市農林部, 岩沼市, 株式会社プロジェクト地域活性
2016 World Brewing Congress 2016 (U.S.A.)
Sensory and instrumental analyses of compounds affecting the KIRE (crispness) of beer アサヒビール株式会社
2016 日本食品保蔵科学会 第 65 回大会(宮崎大会) 宮崎県産ゆずこしょうの風味変化について 宮崎県食品開発センター
2016 日本食品保蔵科学会 第 65 回大会(宮崎大会) 各種国産モモの視覚・嗅覚および味覚官能評価センサーを用いた比較・解析 東京農業大学, アルファ・モス・ジャパン株式会社, 農研機構・九州沖縄農業研究センター, 農研機構・食農ビジネス推進センター
2016 International Symposium on Olfaction and Taste, ISOT 2016(第17回嗅覚・味覚国際シンポジウム) Identification of the Origin of Coffee by Using E-Nose System considering GC Olfactometry Analysis(におい嗅ぎ分析をベースとした電子嗅覚システムによるコーヒーオリジンの識別) 東京アライドコーヒーロースターズ株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2015 日本官能評価学会第20回(2015年度)大会 ガムの咀嚼特性評価‐ガムの硬さ/軟らかさの検討 日本獣医生命科学大学
2015 第67回日本生物工学会大会 HERACLES II および ASTREE を用いた泡盛風味の網羅的解析および販促での活用 株式会社バイオジェット
2015 平成27年度醸造学会大会 泡盛の長期甕熟成における「層」と品質の関係性の解析 株式会社バイオジェット
2015 日本味と匂学会 第49回大会 高速GCとパターン分析法による迅速なDHAのにおい品質評価と官能的特徴の表現 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2015 日本食品工学会 第16回年次大会 multi-sip TDS法を用いた濃縮タイプ飲料の希釈倍率による風味評価の違い カルピス株式会社(現アサヒ飲料株式会社)
2015  日本食品科学工学会 第62回大会 天ぷらの色彩が及ぼす印象への影響 昭和産業株式会社
2015 日本食品科学工学会 第62回大会 唾液存在下におけるペパーミントポリフェノールの消臭効果  小川香料株式会社
2015  日本食品科学工学会 第62回大会 超高速ガスクロマトグラフィーとパターン認識法を利用したココナッツオイルの迅速な風味評価 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2015  日本食品保蔵科学会 創立40 周年記念大会(第64回東京大会) 鮭を原料とした魚醤油熟成プロセスにおける各種成分並びにセンサー解析での味・香り パターンの変化について 東京農業大学生物生産学部食品香粧学科, コーケン香料株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2015 日本食品保蔵科学会 創立40 周年記念大会(第64回東京大会) 各種ビール酵母を用いた発酵特性の比較解析①~各種成分並びにセンサーによる色 調・香り・味の比較 東京農業大学生物生産学部食品香粧学科, コーケン香料株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2015 日本食品保蔵科学会 創立40 周年記念大会(第64回東京大会) 晩生マンゴー「夏小紅」の成熟中の呼吸量と理化学的性質変化 沖縄県農業研究センター, 沖縄県農業研究センター名護支所
2015 ISOEN 2015(16th International Symposium on Olfaction and Electronic Noses) ASSESSING COFFEE BEANS QUALITY WITH E-SENSING SYSTEM 東京アライドコーヒーロースターズ株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社, テイストテクノロジー有限会社
2014 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 ソフトイオン化質量分析計によるハーブ抽出物の消臭効果測定 小川香料株式会社
2014 日本清涼飲料研究会 第24回総会及び研究発表会 におい識別装置によるCIP後残香評価法の検討 アサヒ飲料株式会社
2014 日本味と匂学会 第48回大会 Prediction of international standards cupping evaluation of Guatemalan Arabica coffee by Electronic Tongue and Electronic Nose (電子味覚・嗅覚システムによるグアテマラ産アラビカ種コーヒーの国際基準カッピング評価の予測) 東京アライドコーヒーロースターズ株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社, テイストテクノロジー有限会社
2014 日本味と匂学会 第48回大会 Objective quality assessment of balsamic vinegars by Flash GC Nose and Electronic Tongue(高速GC、電子味覚システムによるバルサミコ酢の風味の客観的な品質評価) アルファ・モス・ジャパン株式会社
2014 日本食品科学工学会 第61回大会 搾汁方法の違いによる宮崎県産日向夏果汁の成分変化 宮崎県食品開発センター
2014 日本食品科学工学会 第61回大会 E-Nose と E-Eye による小麦の客観的かつ迅速な品質評価方法 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2014 第68回日本栄養・食糧学会大会 L-アミノ酸リガーゼを利用した塩味増強効果を有するジペプチドの探索 長谷川香料株式会社, 早稲田大学先進理工学部応用化学科
2014 日本薬剤学会第29年会 電子味覚システムによる口腔内崩壊錠の服用感予測 静岡県立大学薬部実践分野, 東和薬品株式会社
2013 第23回日本医療薬学会 電子味覚システムによるファモチジン口腔内崩壊錠の服用感の予測 静岡県立大学薬部実践分野
2013 平成25年度 第26回におい・かおり環境学会 ソフトイオン化質量分析法による高分子材料から発生する揮発性成分のオンライン分析 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 日本食品工学会第14回(2013年度)年次大会 バニリンとマツタケオールを高含有する泡盛「芳醇浪漫」の風味特性 株式会社バイオジェット, 有限会社神村酒造
2013 日本食品工学会第14回(2013年度)年次大会 貯蔵米の匂い変化および古米臭の解析 秋田県立大学生物資源科学部, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 日本食品工学会第14回(2013年度)年次大会 電子嗅覚・味覚システムのドライポークパウダーの品質管理への応用 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 第22回環境化学討論会 高速ガスクロマトグラフ装置によるPAHsの迅速分析 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 日本薬学会第133年会 ロペラミド含有口内炎用口腔内付着フィルムの調製-矯味剤の影響- 東京女子医科大学病院薬剤部, 星薬科大学, 東京医科大学病院薬剤部, アルファ・モス・ジャパン株式会社, 東京医科大学八王子医療センター薬剤部
2013 園芸学会平成25年度春季大会 Electronic Nose、Electronic Eyeによるパイナップルの香りと外観の評価 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業 研究開発成果等報告書 平成25年2月 健康志向型植物性チーズ様食品素材の効率的発酵製造技術の開発 委託者 東北経済産業局
委託元 株式会社インテリジェント・コスモス研究機構
2012 第26回日本エイズ学会学術集会・総会 O18-085 抗HIV薬の苦味に対するマスキングについての検討 東京医科大学病院薬剤部, 星薬科大学医療薬剤学教室, アルファ・モス・ジャパン株式会社, 東京医科大学病院臨床検査医学講座
2012 第66回日本栄養・食糧学会大会 食用植物油脂の加熱調理時における悪臭成分の挙動 東京工科大学応用生物学部, 築野食品工業株式会社
2012 地方独立行政法人岩手県工業技術センター 最新成果集2012 P.28 電子嗅覚システムを用いた清酒の評価法の開発 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター
2012 日本食品工学会第13回(2012年度)年次大会 チェダーチーズの粘弾性と香気成分特性および官能評価値の相関分析 東京大学大学院農学生命科学研究科, 森永乳業株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社, 一般社団法人食感性コミュニケーションズ
2012 日本薬学会第132年会 RACTAB技術を用いたアムロジピンOD錠の味やにおいに及ぼす物理的及び官能的マスキングの効果 静岡県立大学薬学部, 東和薬品株式会社
2011 北海道立十勝圏地域食品加工技術センター平成23年度試験研究成果 酵母を併用した発酵乳製品の開発 北海道立十勝圏地域食品加工技術センター
2011 医療薬学フォーラム2011 第19回クリニカルファーマシーシンポジウム イソソルビド内用液の希釈飲料がおよぼす「飲みやすさ」に関する検討 (味覚官能試験と電子味覚システムの相関性に関する評価 第3報) 北里大学北里研究所病院薬剤部, 城西国際大学薬学部, 北里大学薬学部
2011 日本薬学会第131年会要旨集 第4号 p. 245 電子嗅覚・味覚システムによるファモチジン口腔内崩壊錠の臭い及び味の解析 静岡県立大学薬学部
2010 PSWC2010
(Pharmaceutical Sciences World Congress)
The influence of the flavored powders on the unpleasant odours of Aminoleban® EN, the nutritional products for liver failure 武庫川女子大学薬学部
2010 日本動物実験代替法学会第23回大会(東京) 電子味覚システムによる嗜好性の検討 北里大学薬学部 臨床薬学研究・教育センター 臨床薬学(保険薬局学)
2010 日本薬剤学会第25年会 イソソルビド内用液製剤を希釈することによる味覚に及ぼす影響  ~ヒト味覚官能試験と電子味覚センサーの相関性~ 北里大学北里研究所病院薬剤部, 北里大学薬学部, 北里大学北里研究所病院耳鼻科, 城西国際大学薬学部
2010 APhA 2010 - American Pharmacists Association Evaluation of the taste of value added generic drugs by a taste sensor 北里大学北里研究所病院薬剤部, 北里大学薬学部
2010 日本農芸化学会2010年度大会 機器分析による呈味成分の探索と評価 アジレント・テクノロジー株式会社, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2009 平成21年度日本醸造学会大会講演要旨集 p.10 電子嗅覚システムによる「みそ」の風味に影響する酵母の選択 長野県工業技術総合センター, 有限会社西麹屋本舗
2009 第53回日本薬学会関東支部大会 イソソルビド内用液製剤の味覚官能試験と電子味覚システムの相関性に関する検討 (第2報) 北里大学北里研究所病院薬剤部, 北里大学薬学部, 北里大学北里研究所病院耳鼻科, 城西国際大学薬学部
2009 第19回日本医療薬学会年会 改良型ファモチジンOD錠「サワイ」の臨床製剤学的評価 慈恵医大第三病院薬剤部, 静岡県立大学薬学部
2009 日本薬剤学会第24年会 イソソルビド内用液剤の味覚官能試験と電子味覚システムの相関性に関する検討 北里大学北里研究所病院薬剤部, 北里大学薬学部, 北里大学北里研究所病院耳鼻科, 城西国際大学薬学部
2008 第18回医療薬学会年会 味覚センサを用いた後発品・先発品の服用性評価 武庫川女子大学薬学部
2008 日本食品科学工学会 シクロデキストリンを用いたα- リポ酸の辛味抑制 塩水港精糖株式会社
2008 FOOMA 2008
アカデミックプラザ
<AP賞受賞>
食感性工学に基づく消費者を起点としたコーヒー飲料製品の開発手法
ポスター発表の詳細
FOX4000センサーの要約
東京大学大学院国際情報農学研究室
2007 日本缶詰協会 
第56回技術大会
レトルトがゆの脱酸素製法と宇宙日本食としての展開 キユーピー株式会社 研究所
2007 第17回医療薬学会年会 味覚センサによるテオフィリンドライシロップの先発・後発品の味評価 武庫川女子大学薬学部
2007 2007日本油化学会 電子嗅覚システムを用いた油脂の官能分析
ポスター発表の詳細
Alpha M.O.S. S.A.
プライムテック株式会社
2007 日本官能評価学会 Improvac®投与が無去勢豚肉の食味に及ぼす影響 東京農業大学, ファイザー株式会社
2006 日本食品科学工学会 味覚センサー評価による戻りカツオの特徴と成分の関係 宮城県産業技術総合センター
2005 日本薬学会 匂いセンサの医薬への応用 ~ 香料、アミノ酸類の評価 ~ 武庫川女子大学薬学部
2005 日本薬学会 チョコレート風味の口腔内速崩錠(チョコレット)の開発に関する研究 昭和大学, 慈恵医科大学第三病院, 亀田総合病院
2005 第52 回日本食品科学工学会 レトルト白がゆ製造時における酸素が風味に及 ぼす影響 キユーピー株式会社
2005 第48回果汁技術研究発表会 風味センサーを用いたりんご果汁の評価 日本ミルクコミュニティ株式会社, 雪印乳業株式会社, 曽田香料株式会社
2004 日本建築学会 ケミカルフィルターから発生する臭気に関する検討 鹿島建設株式会社
2004 日本醸造協会誌 麦芽・麦を使用しない新ジャンルのアルコール飲料の開発 サッポロビール株式会社
2004 水産利用加工関係試験研究推進会議 においセンサーによる輸入冷凍エビの品質評価技術の開発 マルハ株式会社 (現 株式会社マルハニチロホールディングス )
2004 日本農芸化学会 フィンガープリントマススペクトル型匂いセンサーによるビールの香気分析 サッポロビール株式会社
2003 文部科学省地域研究機開発促進 豆腐の新しい食味評価法の可能性試験 徳島県工業技術センター
2003 第50回日本食品科学工学会 各種乳原料を使用した還元乳の香気分析とセンサ分析による風味評価 森永乳業株式会社
2002 第5回日本呼気病態生化学研究会 呼気からの歯周病診断に影響するバイアス因子 横浜国立大学大学院工学部
2002 第19回製剤と粒子設計シンポジウム シュガーレス糖衣の開発 武田薬品工業株式会社
2002 日本農芸化学会 SAFE法によるスネークフルーツ香気成分の抽出、同定とアロマセンサーを用いた香気パターン解析によるスネークフルーツ成熟期の違いの決定 静岡大学農学部
2002 第49回日本食品科学工学会 においセンサーによる保存中の焼き菓子の風味評価 株式会社不二家
2002 第49回日本食品科学工学会 味識別センサーシステムによるホエータンパク酵素分解プロセスのモニタリンング 森永乳業株式会社
2002 第49回日本食品科学工学会 香気分析およびセンサ分析による還元乳の風味評価 森永乳業株式会社
2002 第49回日本食品科学工学会 連続式蒸留塔システムで脱臭した各種ペプチド水溶液の評価 森永乳業株式会社
2002 第49回日本食品科学工学会 コーヒー飲料の風味特性に及ぼす加熱殺菌の影響 森永乳業株式会社
2001 第40回日本油化学会年会 油脂劣化臭の評価に対するニオイセンサーの有用性 東京水産大学(現 東京海洋大学), 日清製油株式会社(現 日清オイリオグループ株式会社)
2000 園学雑692,'00 花き・P455 香りセンサーによるユリの香りの識別評価 香川大学農学部
2000 第47回日本食品科学工学会 各種殺菌牛乳の香気成分とセンサ分析 森永乳業株式会社
1999 日本農芸化学会 コーヒー豆揮発成分モデル系の分析に対する金属酸化物センサーの応用 名城大学大学院農学研究科
1999 IFT(Instiyute of Food Technologists) CNMPARING AROMA PROPERTIES IN DIFFERENT TYPES OF SOY SAUCES USING SENSORY EVALUATION AND GAS SENSOR ARRAY R&D Division Kikkoman Corp.
1999 第46回日本食品科学工学会 殺菌方法の異なるUHT牛乳の香気特性とセンサによる分析 森永乳業株式会社
1999 第46回日本食品科学工学会 匂いセンサーによる味噌香気の官能評価モデル 協和発酵工業株式会社
1999 平成11年度春季園芸学会 匂いセンサーによる花の香りの識別 筑波大学農林学系
1998 平成10年度日本生物工学会講演会 匂いセンサーによる清酒の香りの識別 国税庁醸造研究所

論文

年度 学術誌名 タイトル 著者所属(敬称略)
2017 New Food Industry(New Food Indust.) 2017 Vol.59 No.1 マイクロ波減圧乾燥により加工したイチゴの味と香り評価 宮城県農業・園芸総合研究所, 宮城県産業技術総合センター
2016 日本官能評価学会学会誌(20号1巻 2016年4月) 低温殺菌牛乳と超高温殺菌牛乳の物性と風味特性  タカナシ乳業株式会社
2016 Environmental Science: Processes & Impacts, 2016, 18, 464–472 Monitoring variations of dimethyl sulfide and dimethylsulfoniopropionate in seawater and the atmosphere based on sequential vapor generation and ion molecule reaction mass spectrometry Department of Chemistry, Kumamoto University(熊本大学)
2015 日本味と匂学会誌 Vol.22 No.3 PP.325-328 MSGによる塩味増強効果-Time-intensity法と唾液腺活動計測による検討 東北大学
2015 日本味と匂学会誌 Vol.22 No.1 PP.27-35 しょうゆ中の水溶性多糖が旨味の後味に与える影響 キッコーマン株式会社
2015 International Journal of Pharmaceutics 493 (2015) 305–312 The prediction of the palatability of orally disintegrating tablets by an electronic gustatory system 静岡県立大学 薬学部, 東和薬品株式会社
2015 日本食品科学工学会誌
第62巻 6号 2015年6月
L-アミノ酸リガーゼを利用した塩味増強効果を有するジペプチドの探索 長谷川香料株式会社, 早稲田大学先進理工学部応用化学科
2015 薬剤学 Vol. 75, 48-53 (2015) 小児製剤開発における電子味覚・嗅覚システムの有用性 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 The Journal of Holistic Sciences(ホリスティックサイエンス学術協議会会報誌) Vol.7 No.2 (2013) 国産ピパーツ(Piper retrofractum)の芳香成分に関する報告 城西国際大学 環境社会学部, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 Royal Pharmaceutical Society, Journal of Pharmacy and Pharmacology, 65, pp. 980–987 Bitterness evaluation of intact and crushed Vesicare orally disintegrating tablets using taste sensors 武庫川女子大学 薬学部
2013 フレグランスジャーナル (FRAGRANCE JOURNAL)
No.394  2013-4
においセンサー識別システム及び官能試験によるにおいの評価 - 貼付剤から放散するにおいについて 株式会社島津テクノリサーチ, 武田薬品工業株式会社
2013 International Journal of Pharmaceutics (January 2013), 441 (1-2), pg. 121-127 Bitterness prediction of H1-antihistamines and prediction of masking effects of artificial sweeteners using an electronic tongue 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社, 武庫川女子大学 薬学部, アルファ・モス・ジャパン株式会社
2013 月刊フ一ドケミカル
2013-2: 51-54
へたらない・におわない・くせがない こめ油 築野食品工業株式会社
2012 水産増殖 = The aquiculture
60巻2号, p. 281-283, 2012-06-20
メジナ筋肉の香気成分の季節変化 水産大学校食品科学科
2012 水産増殖 = The aquiculture
60巻2号, p. 189-194, 2012-06-20
海藻食魚の香気成分 水産大学校食品科学科
2012 日本病院薬剤師会雑誌
VOL.48,NO.3 2012.3月号 p.351-355
コンプライアンス改善を目的としたテプレノン製剤の臭い・味の客観的評価 城西大学 薬学部
2012 PHARM TECH JAPAN
Vol.28 No.2(2012) 173(361)
味覚・嗅覚評価技術 武田薬品工業株式会社
2012 PHARM TECH JAPAN
Vol.28 No.2(2012) 77(265)
アカデミアにおける研究展開 その3 静岡県立大学 薬学部
2012 PHARM TECH JAPAN
Vol.28 No.2(2012) 57(245)
味覚評価技術 武庫川女子大学 薬学部, エーザイ株式会社
2011 日本化粧品技術者会誌
45(4), 323-328, 2011
界面活性剤水溶液による香料の可溶化とその香り立ち 曽田香料株式会社
2011 大豆たん白質研究
Vol. 14(2011)
大豆たん白素材における不快フレーバー改善調理法および保存方法の検討 滋賀県立大学 人間文化学部
2011 日本食品科学工学会誌
第58巻 第12号 p.583-590
α‐リポ酸の辛味に対するサイクロデキストリンの影響 塩水港精糖株式会社
2011 製剤機械技術研究会誌
Vol.20 No.2 2011
製剤開発における電子嗅覚および味覚システムの利用 アルファ・モス・ジャパン株式会社
2010 Journal of Food Science
Vol 75, Issue 9, p. S477-S489
Gas Chromatography/Olfactometry and Electronic Nose Analyses of Retronasal Aroma of Espresso and Correlation with Sensory Evaluation by an Artificial Neural Network
(エスプレッソのレトロネイザルアロマの匂い嗅ぎガスクロマトグラフィーと電子嗅覚システムによる解析、およびニューラルネットワークによる官能評価との相関)
東京大学大学院農学生命科学研究科, 森永乳業株式会社
2010 Food Science and Technology Research
Vol. 16 (2010) , No. 2 pp.99-110
Differences in Flavor Characteristics of Coffee Drinks Originating from Thermal Sterilization Process 森永乳業株式会社, 小川香料株式会社
2009 Chemical & pharmaceutical bulletin 57(4), 382-387, 2009-04-01 Famotidine Orally Disintegrating Tablets : Bitterness Comparison of Original and Generic Products 武庫川女子大学 薬学部
2008 日本味と匂学会誌 味覚センサ・匂いセンサを用いた缶コーヒーの風味評価に関する研究 株式会社ポッカコーポレーション
(現 ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)
2008 月刊フ一ドケミカル
2008-8: 70-74
高核酸酵母エキス「バーテックスIG20」の呈味・風味機能 日本たばこ産業株式会社
2008 月刊フ一ドケミカル
2008-1: 59-62
ビール酵母エキス「酵味®」のおいしさ評価 キリンフードテック株式会社
(現 MCフードスペシャリティーズ株式会社)
2007 日本調理科学会誌
Vol.40, No.6, 405-410(2007)
塩化カリウムを利用した減塩しょうゆに対する官能検査及び味覚センサーによる評価の相関性 焼津水産化学工業株式会社
2007 J Nutr Sci Vitaminol, 53
277-286, 2007
Studies on the deodorization by mushroom (Agaricus bisporus) extract of garlic extract-induced oral malodor. Department of Food Science and Technology, University of California-Davis, 東京文化短期大学(現 新渡戸文化短期大学), 国立大学法人 東京農工大学
2006 水産大学校研究報告54巻2号
p.63-69 (2006-3)
においセンサーアレイシステム の水産分野での利用 水産大学校
2006 日本調理科学会誌Vol.39
No.1,49~56(2006)
本みりんの塩味・酸味抑制効果における官能評価と味覚センサーの分析結果と相関性 宝酒造株式会社
2005 Journal of the American Society of Brewing Chemists, 63(4):151-156, 2005  Application of a New Electronic Nose with Fingerprint Mass Spectrometry to Brewing サッポロビール株式会社
2005 International journal of pharmaceutics 305 (2005)13-21 Evaluation of the taste and smell of bottled nutritive drinks 武庫川女子大学 薬学部
2004 FLAVOUR AND FRAGRANCE JOURNAL 2004; 19: 44-50 Maturity discrimination of snake fruit (Salacca edulis Reinw.) cv.Pondoh based on volatiles analysis using an electronic nose device equipped with a sensor array and fingerprint mass spectrometry 静岡大学 農学部, Hasegawa. CO LTD.
2004 European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics xx (2004) 1-9 Application of an electronic nose system for evaluation of unpleasant odor in coated tablets 武田薬品工業株式会社
2003 長野県食品工業試験場研究報告 = [Research] report of the Nagano State Laboratory of Food Technology
31号, p. 25-28, 2003-09
におい識別装置による市販しょうゆの判別 長野県食品工業試験場 (現 長野県工業技術総合センター)
2002 長野県食品工業試験場研究報告 = [Research] report of the Nagano State Laboratory of Food Technology
30号, p. 38-42, 2002-09
におい識別装置によるビールの判別 長野県食品工業試験場 (現 長野県工業技術総合センター)
2002 ISHS Acta Horticulturae (2002)572:75-81 DISCRIMINATION OF LILY FRAGRANCE BY USE OF AN ELECTRONIC NOSE 香川大学
2001 PHARM TECH JAPAN Vol.17 No.9 31-37 味センサーを用いた医薬品の定量化 エーザイ株式会社

雑誌掲載記事

年度 雑誌名・記事タイトル 著者所属(敬称略)/関連機器・サービス
2017 食品と開発 VOL.52 NO.4
食品の開発から生産まで場面に応じた官能評価と客観的分析法
電子嗅覚システム(フラッシュGCノーズ) ,
電子味覚システム, ビジュアルアナライザー, 官能評価ソフトウェア
2017 食品機械装置 Vol.54 2017・1月号
官能分析システムによる品質保証 
電子嗅覚システム(フラッシュGCノーズ) ,
2016 クリーンテクノロジー 2016 Vol.26 No.4
におい分析のソリューション ~においの視覚化~ 
オンラインセンサーモジュール,
電子嗅覚システム(フラッシュGCノーズ) 
2015 月刊 産業と環境 2015年8月号
食品分野における官能分析システムの応用
電子嗅覚システム, 電子味覚システム
2015 食品と開発 VOL.50 NO.4
おいしさをいかに客観的に評価するか ~機器分析と官能評価の活用~
MCフードスペシャリティーズ株式会社
電子嗅覚システム, 電子味覚システム
2015 食品と開発 VOL.50 NO.4
香りおよび味の分析による沖縄の伝統的酒類「泡盛」の販促
株式会社バイオジェット
電子嗅覚システム, 電子味覚システム
2013 月刊フードケミカル 2013年8月号
スマートセンシングシステムを用いた食品の客観的な「おいしさ」評価
電子嗅覚システム, 電子味覚システム,
ビジュアルアナライザー
2013 COSMETIC STAGE (コスメテックステージ) 2013年4月号
フラッシュGCノーズによるフレグランスの品質と持続性の評価
電子嗅覚システム(フラッシュGCノーズ)
2012 化学工学 Vol.77 No.2 2013
フラッシュGCノーズによる食品のにおいの高速スクリーニングと同定
電子嗅覚システム
2012 COSME TECH JAPAN (コスメテック ジャパン) Vol2 No.4 APRIL 02
電子嗅覚システムによる化粧品の研究開発・品質管理への応用
電子嗅覚システム
2012 食品工業 2102.3/30 Vol.55 No.06 第2特集 食品の味と香り
電子嗅覚・味覚システムによる最新の官能分析法
電子嗅覚システム, 電子味覚システム
2011 COSME TECH JAPAN (コスメテック ジャパン) Vol1 No.6 NOVEMBER 2011
フレグランスの品質と持続性を計測する”電子嗅覚システム”を提案
電子嗅覚システム, 電子味覚システム,
ビジュアルアナライザー
2010 月刊 産業と環境 2010年12月号
環境中の臭気・ガスの連続監視・予測
オンラインセンサーモジュール
2010 月刊フードケミカル 2010年12月号
ビジュアルアナライザーを用いた食品の見た目の分析
ビジュアルアナライザー
2010 月刊フードケミカル 2010年10月号
香り分析の最新技術と応用
電子嗅覚システム, におい嗅ぎシステム
ソフトイオン化質量分析計
2010 冷凍 2010.11 Vol.085 No.997 特集: 生かされる計測データとその応用技術
食品分野における電子嗅覚・味覚システムの応用
電子嗅覚システム, 電子味覚システム
2010 プラスチックス Vol.61, No. 8 2010 特集: プラスチックをはかる・しらべる
電子嗅覚システムによるプラスチックの品質管理
電子嗅覚システム
2009 ジャパンフードサイエンス Vol. 48 No. 9 2009 特集: 天然調味料の近況
アルファ・モス・ジャパンが提供するスマートセンシングシステム
電子嗅覚システム, 電子味覚システム

ページのトップへ戻る

特許情報

年度 特許の種類 発明の名称 出願人(敬称略)
2016 公開特許公報(A)
公開番号:2016-210902
中空樹脂粒子およびその製造方法 コニカミノルタ株式会社
2016 公開特許公報(A)
公開番号:2016-116511
泡盛もろみ酢発酵飲料の製造方法 株式会社石川酒造場, 国立大学法人琉球大学
2016 公開特許公報(A)
公開番号:2016-078903
紙製容器 株式会社日本デキシー
2015 公開特許公報(A)
公開番号: 2015-221005
シナモンの香り増強剤 興人ライフサイエンス株式会社
2015 公開特許公報(A)
公開番号: 2015-181419 
塩味増強剤 長谷川香料株式会社
2015 公開特許公報(A)
公開番号: 2015-154730
加工米飯用pH調整剤、加工米飯及び加工米飯の製造方法 テーブルマーク株式会社
2015 公開特許公報(A)
公開番号: 2015-039333
レトルトパスタソース用トッピング材及びこれを備えた容器詰めパスタソース キユーピー株式会社
2014 公開特許公報(A)
公開番号: 2015-534215
パゾパニブ製剤 グラクソスミスクライン インテレクチュアル プロパティー リミテッド
2014 公開特許公報(A)
公開番号: 2014-005442
精製菜種油の製造方法、当該製造方法から得られる精製菜種油、当該精製菜種油を含む酸性乳化食品、及び菜種油中のアルデヒド類を低減させる方法 日清オイリオグループ株式会社
2013 公開特許公報(A)
公開番号: 2013-059315
グラタン類の製造方法及びグラタン類 キユーピー株式会社
2013 再公表特許(A1)
公開番号: WO2011-074613
香味剤の製造方法および香味剤 株式会社カネカ
2013 公開特許公報(A)
公開番号: 2013-236549
加熱時の臭いが抑制された食用油脂 築野食品工業株式会社
2012 特許公報(B2)
登録番号: 4961509
呈味増強組成物とその製造方法 キリンビバレッジ株式会社
2012 特許公報(B2)
登録番号: 4912923
コーヒー配合飲食品用組成物 森永乳業株式会社, 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社
2012 公開特許公報(A)
公開番号: 2012-161270
発酵食品の発酵感・熟成感増強剤 テーブルマーク株式会社
2012 公開特許公報(A)
公開番号: 2012-206999
無臭化コラーゲンの製法およびそれにより得られた無臭化コラーゲン エア・ウォーター株式会社
2010 特許公報(B2)
登録番号: 4448007
クラゲ加工品およびその製造方法 マルトモ株式会社
2010 特許公報(B2)
登録番号: 4331028
食用油脂の製造方法および食用油脂 日清オイリオグループ株式会社
2009 特許公報(B2)
登録番号: 4331028
ビタミン飲料の異臭抑制方法 株式会社ファンケル
2006 特許公報(B2)
登録番号: 3779085
焼おにぎりの製造法 株式会社ニチレイフーズ
2005 特許公報(B2)
登録番号: 3722607
マイルドホワイトビネガー 株式会社ミツカングループ本社
2005 特許公報(B2)
登録番号: 3639820
一定品質のペプチド混合物の製造方法 森永乳業株式会社

*上記は登録日または公開日時点の情報です。


書籍

書名 関連機器・サービス
『実践事例で学ぶ官能評価』(共著)
日科技連出版社(2016年)
第1章 QDA法
 QDA
『原材料・最終製品の臭気クレーム毎にみた においの原因分析/評価マニュアル』 (共著)
技術情報協会 (2012年)
第1章 第6節 電子嗅覚システムによるにおいの品質管理
電子嗅覚システム
『クレーム/トラブル製品の検査・分析と発生防止 ノウハウ集』 (共著) 
技術情 報協会 (2008年)
第3章 第2節 電子嗅覚・味覚システムの原理と品質管理への応用
電子嗅覚システム
電子味覚システム
『各種事例から学ぶ官能評価』 (共著)
情報機構 (2008年)
第8章 官能評価と機器分析データの違いとその融合
(ISBN 978-4-904080-07-8)
電子嗅覚システム
電子味覚システム
ソフトイオン化質量分析計
QDA
『超五感センサの開発最前線』 (共著)
エヌ・ティー・エス(2005年)
味覚センサ 2.5.3 味識別システムの最新技術と応用
(ISBN4-86043-100-6)
電子味覚システム

参考文献

味覚と嗅覚の働き方、関わり方が良く分かります。

文献名 内容
日経サイエンス 2001年6月号 :
解き明かされる味覚の情報伝達
(引用)
科学者は一般に人間の味覚を4つの種類(基本味)に分けて表現している。
塩味,酸味,甘味,苦味,うま味である(英語でもumamiという)。
ここ数年,さまざまな研究から,味を感じる仕組みが急速に解き明かされてきた。
著者の1人,マルゴルスキーは,舌の味細胞が甘味と苦味物質を感じるために
重要な役割を担うタンパク質を発見した。
ニッスイアカデミー:
おいしさを科学する~匂い~
(引用)
鼻をつまんで食べると何を食べているのか分からなくなります。
味に関して嗅覚は思う以上に大きな役割を担っています。
改めて食における臭覚や匂いの役割や働き、おいしさの関わりを探ってみました。

ページのトップへ戻る