電子味覚システム | ASTREE


味覚の数値化で官能評価を補完!

電子味覚システム ASTREE(アストリー)は、溶液中の味覚刺激に作用する複合成分を、7本のセンサーによる応答パターンとして取得し、基準試料との比較、あるいは官能評価との相関モデルから、味の数値化を行います。 ケモメトリックス手法により、様々なグラフや数値のアウトプットが可能です。ASTREEは、繰り返しの再現性に優れ、測定時間も短いため、官能評価の負担を軽減するスクリーニングツールとして、世界の食品、医薬品分野等で幅広く利用されています。


甘味にも高感度・油脂の影響を受けにくい

ASTREEの7本のセンサーは、溶液中のあらゆる有機、無機成分に応答する広域選択性を示し、基本五味に限らず、渋味、辛味、金属味など、体性感覚に働く成分も検知します。甘味物質に対する感度も高く、異なる種類の糖や人工甘味料にも応答します。また、センサーは油脂成分の影響が少なく、油を含有している試料でも測定が可能です。


迅速な測定

ASTREEの測定間隔はわずか3分以内(測定時間2分、洗浄10秒)で、迅速な測定が可能です。多検体(最大47検体)のスクリーニングに適し、官能評価の負担を大幅に軽減します。



高感度・優れた再現性

ASTREEセンサーのppm レベルの優れた感度は、訓練されたパネルの味覚閾値に匹敵し、 異味の判別など品質管理にも安心です。 センサー表面での味成分の吸着や汚染が少なく、繰り返し測定の再現性にも大変優れます(標準偏差30以下)。


メンテナンスフリーな設計

ASTREEのセンサー寿命は極めて長く、ランニングコストを削減します。センサー診断機能により、センサーの交換時期を見逃しません。使用しない期間は、センサーをそのまま乾燥させて保管することができるため、定期的な保存液の交換などメンテナンスの煩わしさからオペレータを解放します。


豊富な文献・実績

ASTREEは国内外で幅広く使用されており、なかでもFDA(米国食品医薬品局)などの政府機関での実績や論文は、その技術の高さを証明しています。


電子味覚システムのセンサー原理

電気化学センサーを利用した検出部は、CHEMFET(化学的電界効果トランジスタ)技術に基づき、 その感応膜はAlpha M.O.S.の専門技術によって、特性、感度、相互選択性が向上するように開発されました。 サンプル中に溶解している広範囲の味物質が、感応膜に対し特定の相互作用を誘発することで、CHEMFETセンサーと参照電極間の電位差が変化し、これを信号として検出しています。

電子味覚システムのセンサー原理
ページのトップへ戻る